あそぶ

書いた人:赤井 恒平

2022.06.03

一棟貸切の高級宿泊施設「ハミング」に泊まってみました。

一棟貸切の高級宿泊施設
「ハミング」に泊まってみました。

2022年5月、名栗の山間に小さな宿泊施設が誕生しました。一棟貸しの「ハミング」です。

今回は、別の記事でご紹介した「Alive」を運営しているシンカさんにお誘いいただき、オープン直前に試泊してきました。ハミングは飯能屈指の温泉旅館・大松閣の別邸とのことですので、期待が高まりますねー。

午後4時、大松閣で受付を済ませ、徒歩5分のところにあるハミングへ。入口には下界と遮断するかのような大きな門があり、広大なプライベート空間を満喫できるようになっています。駐車スペースもあるので、車でのアクセスも可能です。それでは中へ入ってみましょう。

うーん、おしゃれですね。もともとここはカフェギャラリーだったということもあり宿っぽくない雰囲気で非日常感があります。ソファ、テーブル、カウンターと思い思いの居場所で、のんびり過ごすことができそう。

冷蔵庫の中の飲み物は、全てフリードリンク。飯能のクラフトビール「CARVAAN」もありました! 贅沢っ!!

今回は素泊まりだったのですが、食事付きプランなら大松閣でディナーをいただけます。もちろんみんなで自炊してもOK。

キッチンにはバルミューダなど、一度は使ってみたかった調理器具がずらり! お皿は飯能窯でつくられた飯能焼でした。

ハミングの目玉と言っても過言ではない設備がサウナ。ウッドデッキに設置された露天風呂とサウナは、プライベート空間だからこそ楽しめる贅沢。

そして、サウナはボタン一つで温度が上がるハイテクっぷり。私のようなにわかサウナーでも心ゆくまで楽しめました。飯能の大自然を感じながら心身ともに健康になれそうです。

さらに、空いていれば大松閣の貸切風呂も利用可能。次の日の朝は大浴場も使うことができます。もう至れり尽くせりです。

最後は寝室です。2Fのベッドルームはなんと「風の出ない空調」を採用しているとのことで、静かな空間でぐっすりと眠ることができます。

緑あふれる景色の中、スマホはしまって、本とグラスを片手に過ごすゆっくりとした時間。それは忙しい毎日で疲れた身体はもちろん、心までも癒してくれる極上の体験です。みなさんもぜひ一度味わってみてください◎

関連情報

施設名
ハミング
TEL
042-979-0505
HP
https://www.taishoukaku.com/humming/

アクセス

この記事のタグ

記事を書いた人:
赤井 恒平

飯能生まれ。AKAI FactoryやBookmarkを手がけた、飯能リノベーションの第一人者。地域や人をつなぐ「橋をかける仕事」をしています。

  • AKAI Factory 代表
  • 埼玉県「まちなかリノベ賞」最優秀賞(R2年度)

関連記事/おすすめ記事