くらし

2021.08.16

季節と巡るゆっきーの飯能暮らしvol.4「台所はくすり箱」

季節と巡るゆっきーの飯能暮らし
vol.4「台所はくすり箱」

ここ数日は涼しく、ススキが風に揺れ、トンボも飛び始めました。この季節、小さな子を育てるどこのお母さんも頭を抱えるのが「子どもの夏風邪」ではないでしょうか。冷たい飲み物に冷たいおやつ、そして寝冷え…、冬の風邪と違い、身体を温めさせるのにもひと苦労ですよね。このご時世で、熱が出たら(熱が出ているから、なのに!)病院でも診てもらえない…

そんなとき、台所がくすり箱として大活躍してくれます。

お腹の不調には、本葛、純黒糖、梅肉エキスを水で溶きネリネリしたもの(わが家では通称モチモチ)を。

のどや鼻の不調には、毎年6月に採取するスイカズラの花をみりんに漬けたシロップを。自家製梅酢を水で薄めた「梅酢うがい」も効果抜群です。

不調のサインがきたら、こじらせる前にいつもの台所からお手当て。先人たちの知恵と季節毎の植物たちのチカラを借りながら、自己免疫力を高めていく。いま私たちに必要なのは、恐れすぎることでも、いがみ合うことでもなく、そんな工夫を楽しむ暮らしなのでは、と感じています。

飯能暮らしには「台所はくすり箱」になるタネが、そこかしこにあふれているのです。

この記事のタグ

記事を書いた人:
ゆっきー

20年暮らした沖縄を離れ、2019年春に家族で飯能へ移住。小学生と保育園児の母として日々奮闘しながら、自然界の恵みをいただく愛しい日常を綴っていきます。

  • 料理家
  • パーマカルチャーデザイナー

関連記事/おすすめ記事