たべる

書いた人:山本 なつ子

2022.01.31

さんかく屋根のデリカテッセン・関屋大野精肉店

さんかく屋根のデリカテッセン
関屋大野精肉店

オレンジ色のさんかく屋根がトレードマークの「関屋大野精肉店」は、昭和63年の創業以来、吾野の人々や登山客に愛されているお店です。

お肉のほか、お惣菜、食品、駄菓子などが並び、吾野の暮らしになくてはならない存在です。地元で採れた旬の野菜やフルーツ、豚肉の味噌漬けもあり、おみやげを買うこともできます。

作務衣がよく似合う店主の大野さんにお話を伺うと、鶏肉、豚肉、牛肉はすべて国産を仕入れているそう。

昔は学校帰りに買い食いをする学生もいたそうなのですが「今はみんな真面目だから来ないね」と笑います。「いつも買いに来てくれる人がいるから、やりがいを感じる。『子どもの頃食べた味がなつかしい』って、大人になって来てくれるとうれしい」と親しみある味をつくり続けています。

チーズハンペン揚げ、マカロニサラダなど種類豊富な揚げ物やお惣菜は、もちろん手づくり!

その中でも一番人気は「唐揚げ」。しっかりした味つけで食べ応えがあり、私も昨年末の『はんのーと』忘年会に差し入れしたところ、とても喜ばれました。

焼きそば、コロッケ、メンチカツは登山のおともにいいですね。電話で予約もできるので、取りに行く時間を伝えておくと揚げたてのサクサクを食べることができます。

個人的には、軽い口当たりでおつまみにもいい「鶏皮の唐揚げ」とパリパリ食感がやみつきになる「揚げギョーザ」が推しですが、ぜひ食べてほしいのが「トンカツ」!

最近、家族のリクエストで「カツハヤシライス」をつくったときのこと。何かと忙しい私にはカツを揚げる時間も惜しいので、さっそくトンカツを電話注文。お願いした時間に取りに行くと、揚げたてホヤホヤのツヤツヤなトンカツが!

ほどよい厚みでやわらかく、脂身もほんのり甘い、とても贅沢なトンカツで、家族みんなが完璧なカツハヤシに満たされました◎

思うように外出ができない今だからこそ、食卓だけでも旅した気分になりませんか。吾野の人々に愛される味をぜひ味わいに来てくださいね!

関連情報

店名
関屋大野精肉店
所在地
飯能市坂石町分257-1
営業時間
9:00〜19:00
TEL
042-978-0606

アクセス

この記事のタグ

記事を書いた人:
山本 なつ子

山形市出身。長らく住んだ東京から、飯能に引っ越して8年。子ども3人を育てながらドタバタな毎日ですが、山と川に囲まれた吾野での生活があまりにも心地よく、人生で初めてのんびり生活できてるかも。

  • ママさん主催の講座・教室のチラシやHPの制作
  • ママヨガOKKUM・KOKKOはんのう主宰
  • 保育士資格取得に向け、勉強中!

関連記事/おすすめ記事