くらし

2021.09.06

サワガニとの遭遇

サワガニとの遭遇

ある小雨の日、とある取材に行くために近所の道を急いでいたら、目の前をちょこちょこ動くものがありました。いったん通り過ぎたものの、もしやと思いUターンして近づくと、そこには両腕をいっぱいに伸ばして威嚇する体長3センチほどのサワガニが!

同じ道で時折見かける、おせんべい状態のサワガニが脳裏をよぎります…。こんなところで精一杯ハサミを振りかざしていても、車やカラスには全く効力がないし、すぐには安全なところに戻せそうになかったため、とりあえずティッシュでくるんでバッグに優しく入れ、取り急ぎ取材へ向かいました。

取材先で紙コップをいただき、サワガニをおともに取材は無事に終了。

数時間ともにしたサワガニがなんだか愛おしくなり、わが家の「自宅前で保護した虫3種7匹(カブトムシ、クワガタ、ハサミムシ)」と一緒に責任を持って飼育することにしました。名前は息子命名「カニ太郎」。

ふとした瞬間に道端でサワガニに出会うまち、飯能。カニ太郎は今日も元気です◎

この記事のタグ

記事を書いた人:
清水 麻由

飯能周辺のイベントに出没しては、消しゴムはんこなどを彫る人。造形屋。自由人の夫&息子とゆるくて愉快な飯能ライフを送っています。

  • アート・クラフト屋イワオカフェ
  • ウッドターニング(木工旋盤)修行中
  • 飯能市内で広いおうち探してます!

関連記事/おすすめ記事