くらし

書いた人:尾内 あゆみ

2022.08.06

目にも耳にも涼しい「ガラス工房すみれ」

目にも耳にも涼しい
「ガラス工房すみれ」

夏のある日、飯能河原のそばの名店「櫟庵」の駐車場の一角にある「ガラス工房すみれ」をたずねました。

ドアを開けると「チリンチリン」ときれいな風鈴の音。涼しげなガラス作品たちが目にとびこんできます。

出迎えてくださったのは、飯能出身のガラス細工作家・吉武愛さん。

吉武さんは、お父さんと一緒に山梨県のガラス工房を訪問したことで、ものづくりに目覚め会社勤めから一転、ガラス細工作家の道を歩み始めました。

2006年に「ガラス工房すみれ」をオープンしたあと、一輪挿しをメインにさまざまなガラス作品をつくっています。

吉武さんの作品は、すべて不要になったリサイクルガラスが材料。たとえばカエルの風鈴は、飯能市内で集めたグリーンの日本酒のビンを利用。ビンの一部をそのまま使って、カエルの体を表現しています。

リサイクルガラスを使うことで、比較的コストが抑えられるという吉武さんの作品は、一般的なガラス製品よりもリーズナブルな価格で販売されています。

ガラス製品は購入後に飾りものになったり、そのまましまわれてしまうケースが多いもの。そうならないために、雑草を飾れるくらい気軽に使え、生活にとけ込ませてほしいという想いを込めて製作しています。

「それこそ、子どものおこづかいで気軽に買えるくらいの作品をつくっていきたい」と笑顔で話していました。

吉武さんの作品は、飯能市の観光案内所や飯能みやげが並ぶ「KOFKA」、発酵食品のテーマパークOH!!!、レストランHAMA、休暇村奥武蔵などでも販売されています。

イベントにも出店されていますので、ぜひ見つけてみてくださいね。

でも、いろいろな作品が見たい!という方はぜひ工房へ。工房直売で、10%割引で購入することができます(駐車場入口に「有料1200円」と書いてありますが、ガラス工房すみれご利用の方は無料で駐車できます)。

私もあまりのかわいらしさに、カエルの風鈴とピアス、コースターを買って帰りました。わが家の玄関にもさっそく「チリンチリン」と涼しい音が鳴っています。

関連情報

店名
ガラス工房すみれ
所在地
飯能市大河原70-1
櫟庵駐車場内
TEL
042-972-1607
営業時間
11:00〜17:00
定休日
水曜日
HP
https://sumire1607.handcrafted.jp/
Instagram
@ai16071607

アクセス

この記事のタグ

記事を書いた人:
尾内 あゆみ

飯能在住30年以上。埼玉西部エリアの取材を約20年続けています。地域の方とコミュニケーションをとるのが大好き!

どんどんつながって、地域を盛り上げていきたいと思います。

  • CATVウーマン
  • 狭山茶Lover
  • 地域密着系YouTuber

関連記事/おすすめ記事